スポーツ

井上尚弥WBSSの試合後インタビュー!互いに実力を称賛!

こんにちは!トニーです!

先ほど終わったWBSS決勝戦「井上尚弥vsノニト・ドネア」が終わりました!

死闘の末、12R判定決着で井上尚弥選手の優勝で幕を閉じました。
しかしその後のインタビューをフジテレビが放送しなかったので、一部ネットで不満の声が上がっています。

トニーもインタビューが聞けずに残念だなぁ~と思っていたので調べてみました!

井上尚弥WBSSの試合後インタビュー

リング上で「ドネア選手めちゃくちゃ強かったです。初めてのカットという経験。2ラウンドからドネア選手が2人に見えていました。また来年から精進して頑張りたい」と5階級王者をたたえた。

 世代交代を宣言してリングに上がった。「世代交代といえるような内容ではなかった。(ファンが)期待するような試合は正直できなかったと思います。これが僕の実力です」と言うと、満員の会場からは「そんなことない」との声もあがった。

 苦しみながらもバンタム級最強を証明した。「このトーナメントが始まって約1年。優勝することで、充実した一年だなと改めて思います」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000142-dal-fight

「ドネア選手がめちゃくちゃ強かった。(右目上を切った)2回から最後までぼやけていた。世代交代といえる内容ではなかった。これが今の実力。1年間闘って、優勝できたことは満足している」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000246-spnannex-fight

「ドネア選手、めちゃくちゃ強かったです。ボクシング人生初のカットも経験しました。世代交代と言っていましたが、これではまだまだ。来年もっと強くなって帰ってきます」
「この戦いの前、弟が負けてます。正直、拓真のかたきをとりたいと思います。WBC王者と、統一戦やりたいと思います」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00010053-chuspo-fight

優勝できたことには満足しつつも試合内容には満足できなかったみたいですね。
それくらいドネア選手が今まで戦った選手の中で最も強かった相手だったということでしょう。

そして弟の拓真選手の仇を取りたいと次戦を宣言していました!
こちらの今後の戦いも楽しみですね!

ドネアWBSSの試合後のインタビュー

「井上がこの試合で真のチャンピオンであることを証明した。今まで戦ってきた中で、あれだけ自分のパンチに耐えられた選手はいなかった。率直におめでとうと言いたい」と、関係者を通じて10歳下の王者をたたえるコメントを出した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000246-sph-fight

タオルのようなものをかぶって控室を出ると、関係者に日本語で「アリガトウ」と言い、自分の足で井上の控室に向かった。そして医療関係の車両に乗り込み、病院へ向かった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000139-dal-fight

 
またスポーツ報知によるとドネアはスタンドからの大歓声には手を挙げて応えたが、試合後は取材に応じなかった。
関係者によると、体調に目立った異常はないが、念のために病院で検査を受けたいと本人から希望したという。

ダウンを取ったボディで肋骨を折った可能性があるかもしれませんね。

スポンサードサーチ

まとめ

試合後は井上選手だけでなく、激闘を繰り広げたドネア選手にも会場から万雷の拍手が送られていたそうです!

井上選手もドネア選手もお互いがお互いを称賛していました。
素敵ですね!!