人物

レスリー・キーのwiki経歴・プロフ!婚約者は同性のアメリカ人!

こんにちは!トニーです!

2020年2月2日放送のサンデージャポンにレスリー・キーさんが出演されます!

レスリー・キーさんは写真家の男性で婚約者は同性のアメリカ人です!!
先日、有吉ジャポンではお2人揃って出演されていました。

そこで今回はレスリー・キーさんについて知りたい!という方のために
レスリー・キーさんの経歴やプロフ、婚約者の方について調べてみました!

それではどうぞ~♪

レスリー・キーのwiki経歴・プロフ!婚約者は同性のアメリカ人!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LESLIE KEE(@lesliekeesuper)がシェアした投稿

レスリー・キーさんは写真の左側の方です!
右の方は婚約者のジョシュアさんです!

レスリー・キーさんのプロフィールと経歴をまとめます!
ジョシュアさんについても次の項でまとめます!

レスリー・キーのプロフィール

名前:レスリー・キー
生年月日:1971年4月5日
出身:シンガポール
職業:写真家

レスリー・キーさんは写真家です。

数多くのファッション誌や広告など国内外で活動されてます。

今はとても明るい性格にみえるが、幼少期は人と喋るのも苦手だったとか。
生まれはシンガポールでシングルマザーの家庭で育ちました。

家庭は裕福とは言えない家庭だったそうです。

カメラに興味を持ったのは13歳の時。
家庭環境が裕福ではなかったので自分の写真が13歳まで1枚しかなかったそうです。
妹にはそんな人間になって欲しくないと思ったため、13歳の時にカメラを買ってもらったとか。

しかし、その4か月後に母親が亡くなってしまいます。
母がプレゼントしてくれたカメラで人と関われる人間になろうと決意!

私の周りの友達、学生、同級生、アルバイト先の知り合いみんなの写真を撮るようになります。
それからずっと人を撮っているそうです。

母親の死後、孤児院に移され、19歳までシンガポールの日本の工場で働きます。
そこでユーミンの曲が好きになり、いつかユーミンに会いたいという気持ちを抱き、それが日本に来るきっかけになります。

来日後は東京ビジュアルアーツに通学。

卒業後の1年間はずっと作品撮りをして、至る所に売り込みするも不採用。
それでも何とかチャンスを活かしながらが、売り込みを続けていくうちに、仕事を任されるようになります。

1998年にフォトグラファーとしてデビュー

以来、ファッション写真や広告写真を中心に、日本、ニューヨーク、アジア圏で活躍。

2001年から2005年までの5年間はニューヨーク暮らし。
その後、アジアのトップアーティストを撮るという個人的なライフワークを続けるために東京に戻ってきました。

この5年で松任谷由実、浜崎あゆみ、倖田來未のジャケ写、カレンダー写真などを担当します。
また雑誌『SUPER』を創刊。

その後、数多くのポスターやジャケ写を担当したり、各地で写真展を開催、チャリティイベントに参加するなど幅広く活躍されています。

2012年には第40回APA経済産業大臣賞を受賞。

また同性愛を告白しており、2019年6月にはアメリカ人男性のジョシュアさんと婚約されています。

かなり壮絶な人生を歩まれているお方ですね!!

レスリー・キー婚約者は同性のアメリカ人!

レスリー・キー婚約者は同性のアメリカ人のジョシュアさんです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joshua & Leslie(@joshualeslieoggkee)がシェアした投稿


写真の右側の方ですね!!

めちゃくちゃ仲良さそうですよね!!
素敵です♪

ジョシュアさんはアメリカ人英語教師だそうです!

出会いのきっかけは2017年12月3日の広島で開催されたOUT IN JAPANの撮影会!

レスリー・キーさんの一目ぼれだったとか。
そこからレスリー・キーさんの猛アプローチで結ばれることになったそうです!!

2人専用のインスタグラムもあり仲睦まじい様子が投稿されています!
これからも仲良く過ごして欲しいですね!!

スポンサードサーチ

まとめ

「レスリー・キーのwiki経歴・プロフ!婚約者は同性のアメリカ人!」と題して記事にしてきました。

今回は以上になります。
最後までご覧いただきありがとうございました