人物

川越宗一(直木賞作家)のwiki経歴がヤバい!受賞作のあらすじも!

こんにちは!トニーです!

第162回直木賞の受賞の発表がございました!

今回の受賞者は川越宗一さんです!
前回の直木賞にもノミネートされていました。

今回はめでたく
川越宗一さんの「熱源」が直木賞を受賞
されました。


そんな川越宗一さんの経歴、プロフィール、受賞作の内容についてご紹介します!

川越宗一(直木賞作家)のwiki経歴がヤバい!

川越宗一(直木賞作家)のwiki経歴がヤバい!ということで調べてみました!

川越宗一さんは42歳の元サラリーマン作家という異色の経歴を持った方です!
彼のプロフィールをまとめます!

川越宗一のプロフィール

名前:川越 宗一(かわごえ そういち)
生年月日:1978年
出身:大阪府
現住所:京都府
職業:小説家
最終学歴:龍谷大学文学部史学科中退
趣味:焼肉

川越宗一さんは子供の頃から歴史が好きで、歴史学者になりたいと思っていたそうです。
これが歴史小説を書くきっかけになっているのかもしれません。

大学も史学科に進学するのですが、授業に出なくなり中退。

それからバンド活動を始め、エレキベースを担当してたそうです!
音楽をされていたのですね~

その後、ファッション通販のニッセンに就職

最初はパートから始めたそうです。

当時、ニッセンの社長をしておられた佐村信哉さんによると、川越宗一さんは「仕事ができる」という印象ではなかったそうです。

しかし川越宗一さんがニッセン公式ツイッターのキャラクターとして情報発信を担当するようになって、ニッセンのツイッターはどんどん人気が上がってきました。

「ニッセンのスミス」という川越さん演じるキャラクターは軽妙な語り口で商品の紹介やお客さんの質問への回答をされていました!

もともと文章で人を惹きつける才能があったのですね!

この功績が認められて、川越宗一さんはめでたくニッセンの正社員になられます。

しかし、2018年1にニッセンのツイッター担当を降りています。

そして初の文学賞受賞作品「天地に燦たり」で第25回松本清張賞受賞します。
この時はまだニッセンで働いていたそうです!

2019年「熱源」で第10回山田風太郎賞候補、第9回本屋が選ぶ時代小説大賞、第162回直木賞候補、第22回大藪春彦賞候補になっております。

昨年から「熱源」はかなりの注目度だったのですね!!

そして2020年ついに「熱源」で第162回直木賞を受賞されました!!

ちなみに川越宗一さんの歴史小説は「熱源」が2作目!
才能ありすぎじゃないですか?

バンドマンからニッセンのサラリーマンを経て小説家というなんとも異色の経歴がヤバいです!!
今後の作品も気になりますね!!

川越宗一(直木賞作家)の受賞作のあらすじも!

川越宗一(直木賞作家)の受賞作のあらすじも!ということで一番気になるところですね!

今回、川越宗一さんが受賞した作品は「熱源(ねつげん)」

熱源は樺太に生きるアイヌの人たちの物語です。
あらすじをまとめました!

樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。

一方、ブロニスワフ・ピウスツキは、リトアニアに生まれた。ロシアの強烈な同化政策により母語であるポーランド語を話すことも許されなかった彼は、皇帝の暗殺計画に巻き込まれ、苦役囚として樺太に送られる。

日本人にされそうになったアイヌと、ロシア人にされそうになったポーランド人。文明を押し付けられ、それによってアイデンティティを揺るがされた経験を持つ二人が、樺太で出会い、自らが守り継ぎたいものの正体に辿り着く。樺太の厳しい風土やアイヌの風俗が鮮やかに描き出され、国家や民族、思想を超え、人と人が共に生きる姿が示される。

金田一京助がその半生を「あいぬ物語」としてまとめた山辺安之助の生涯を軸に描かれた、読者の心に「熱」を残さずにはおかない書き下ろし歴史大作。引用:https://www.amazon.co.jp/%E7%86%B1%E6%BA%90-%E5%B7%9D%E8%B6%8A-%E5%AE%97%E4%B8%80/dp/4163910417?_encoding=UTF8&redirect=true&ref_=nosim&tag=bookmeter_book_middle_arasuji_pc_logoff-22#productDescription

スポンサードサーチ

まとめ

「川越宗一(直木賞作家)のwiki経歴がヤバい!受賞作のあらすじも!」と題して記事にしてきました。

今回は以上になります。
最後までご覧いただきありがとうございました!

古川真人(芥川賞作家)のwiki経歴がヤバい!受賞作のあらすじも!こんにちは!トニーです! 第162回芥川賞の受賞の発表がございました! 今回の受賞者は古川真人さんです! 前回の芥川賞にも...