人物

芦田愛菜|祝辞での着物の値段・ブランドは?祝辞にも賛辞の声!

こんにちは!トニーです!

2019年11月9日(土)の国民祭典で芸能界から代表して芦田愛菜さんが祝辞を述べられました。

その立派なお姿と祝辞の内容に多くの方が賛辞を述べています!
ネットでも大変な話題になり、あれでまだ15歳の中学生!?しっかりしすぎている!
言葉選びが秀逸!着物姿が素敵すぎると大きな反響を呼んでいます。

中学生とは思えない堂々としたお姿で着物姿はまるで大和撫子!

今回はそんな芦田愛菜さんが着用されていた着物の値段やブランドについてフューチャーし調査してみました!

芦田愛菜が祝辞で着用していた着物の値段

芦田愛菜さんのこの素敵なお着物
皇室のお祝いのため菊の模様が入っています。

一体それくらいのお値段がするのでしょうか

まず着物は素材、産地、柄、そしてできるのにかかった手間や時間によって
数千円から数百万円と値段にとても幅が出るものです。
つまりピンからキリまであるということです。

着物によっては300万円から500万円くらいまでがあったり、
上顧客だけを招くような販売会では1,000万円や2,000万円といった商品もあるようです。

高級呉服店だと、価格帯は80〜200万円ぐらいの品揃えだそうです。

今回は国民祭典という天皇をお祝いする場ですのでそんじょそこらで手に入る着物ではないと考えます。

ですので

芦田愛菜さんの着物の値段は
数百万~数千万円
になるのではないかと予想します。

数百万~数千万円を着こなす芦田愛菜さん、凄すぎです!!

心も大人になってますます素敵な女性になっていますね!

芦田愛菜が祝辞で着用していた着物のブランド

おそらく相当なお値段がするであろう芦田愛菜さんが着用していた着物。
ブランドはどこのものなのでしょうか。

色々調べてはみましたが、残念ながら特定することはできませんでした。

おそらく高級老舗着物店のものではないかと予想します。
かつ日本の天皇をお祝いする場なので日本製であるかと思います。

高級老舗着物店と言えば


ゑり善
千總
京都銭京

などでしょうか。
いずれにしても
今回のための特注品であることは間違いないでしょう!

【追記】
芦田愛菜さんの着物は
100年以上前のアンティークの振袖
であることが判明しました!!

アンティークなのでブランドなどはなさそうです。
お値段の方も100年以上のアンティークということで、専門家にしか値段をつけることができなさそうです。

そしてこの振袖、もっと驚きなのが

100年以上門外不出で一度も袖を通されていないシロモノ
なのだそうです!!

着物を提供した老舗呉服店・鈴乃屋の担当者によると
昭和初期に作られたもので、染め・織り・刺繍をふんだんに使用し、刺繍の縁取りや色合いも微妙に変化させるなど手間暇かけて制作されており、100年ほど前から一度も袖を通していない、まさしく「門外不出」の振袖だという。
引用:https://www.news-postseven.com/archives/20191112_1485891.html

想像以上のシロモノでしたね!
天皇陛下のお祝いにふさわしい着物だったのですね!!

スポンサードサーチ

芦田愛菜の祝辞全文

芦田愛菜さんの着物姿が大変素敵でしたが、それと同じくらい賛辞の声が多かったのが
祝辞内容です!!

なんと秀逸な言葉で天皇へのお祝いの言葉を述べるのか。
15歳とは思えない堂々でありながら、品もあり本当に素敵な祝辞でした!
その全文を掲載します!

謹んで申し上げます。天皇陛下御即位に当たり心よりお祝いを申し上げます。
またこのような記念すべき国民祭典にお招きにあずかり、お祝いと感謝を申し述べる機会を頂き
緊張しておりますが、大変光栄に存じます。

即位礼正殿の儀での陛下のお言葉を拝聴し、日本、そして世界の平和に対する陛下の御心に心を打たれました。
陛下は松尾芭蕉の奥の細道をお読みになったことがきっかけで水にご関心を持たれ
長きに渡ってご研究をなさっているとお聞きしました。

そして水を通して世界の様々な問題をとらえ、
そのことが平和につながるとのお考えをお持ちであると知るに至りました。

私も大好きな読書を通じ知識を得ること、そしてその知識を踏まえて行動に移す
そのことが大切であるのではないかと考えるようになりました。

陛下の御心を受け、どんなことでも思い立ったことは迷わず実行できるようになりたい
そう思っております。

新元号令和は万葉集からの出典だったということを知り、
昔の日本の書物から新しい時代の元号が作られるということは
なんて素敵なことなんだろうと深く感動しております。

古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ、新しい日本へと躍進していく
そんな時代になっていくことを切に願っております。

最後になりますが、いつまでも両陛下がお健やかであられますよう、お祈り申し上げお祝いの言葉と致します。

令和元年11月9日 芦田愛菜

本当に素敵な祝辞でした!
実際の映像もYoutubeで上がっていたのでこちらでも拝見してみてください!

まとめ

今回は「芦田愛菜|祝辞での着物の値段・ブランドは?祝辞にも賛辞の声!」と題して記事にしました。

まるまるもりもりを踊っていたあの芦田愛菜さんがこんなにも立派に大役を務められ
次世代を担う人物にふさわしいお方だなと思いました!

おそらく国民全員そう思ったのではないでしょうか。
仕事と勉学を両立している真面目な彼女だからこそなしえたことなのでしょう。
今後の女優としての活躍とそれ以外の方面でも様々な活躍を期待しちゃいますね!

今度の芦田愛菜さんにも注目です!