ニュース

芦田愛菜が国民祭典でお祝いの言葉!大注目の全文を大公開!

こんにちは!トニーです!

2019年11月9日(土)の国民祭典で各界から代表でお祝いの言葉がありました。

歌舞伎界からは松本白鸚さん、経済界からは御手洗冨士夫さん、スポーツ界からは山下泰裕さんがお言葉をお伝えしました。

芸能界からは女優の芦田愛菜さんがお言葉を担当されました。
綺麗なかわいらしいお着物を召されており素敵なお言葉を述べられていました。

その全文を公開したいと思います!

芦田愛菜のお祝いの言葉全文

それでは芦田愛菜さんのお祝いの言葉の全文を公開いたします。

謹んで申し上げます。天皇陛下御即位に当たり心よりお祝いを申し上げます。
またこのような記念すべき国民祭典にお招きにあずかり、お祝いと感謝を申し述べる機会を頂き
緊張しておりますが、大変光栄に存じます。

即位礼正殿の儀での陛下のお言葉を拝聴し、日本、そして世界の平和に対する陛下の御心に心を打たれました。
陛下は松尾芭蕉の奥の細道をお読みになったことがきっかけで水にご関心を持たれ
長きに渡ってご研究をなさっているとお聞きしました。

そして水を通して世界の様々な問題をとらえ、
そのことが平和につながるとのお考えをお持ちであると知るに至りました。

私も大好きな読書を通じ知識を得ること、そしてその知識を踏まえて行動に移す
そのことが大切であるのではないかと考えるようになりました。

陛下の御心を受け、どんなことでも思い立ったことは迷わず実行できるようになりたい
そう思っております。

新元号令和は万葉集からの出典だったということを知り、
昔の日本の書物から新しい時代の元号が作られるということは
なんて素敵なことなんだろうと深く感動しております。

古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ、新しい日本へと躍進していく
そんな時代になっていくことを切に願っております。

最後になりますが、いつまでも両陛下がお健やかであられますよう、お祈り申し上げお祝いの言葉と致します。

令和元年11月9日 芦田愛菜

堂々とされていてとても立派でしたね!
緊張しているとは言っていたものの、そんな風には見えませんでしたね!

声もはっきりとされていて聞きやすかったですしさすがという感じでした!

実際の映像はYoutubeで上がっていたのでこちらでも拝見してみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
あんなに小さかった芦田愛菜さんがこんなにも立派に大役を務められました!

お言葉の中にも丁寧で陛下をお祝いする気持ちが伝わってきていましたね!
素敵なお祝いのお言葉でした!