ドラマ

絶対零度4のネタバレと最終回結末!沢村一樹は犯人ではない?

こんにちは!トニーです!

2020年1月より「絶対零度」シーズン4が放送開始されています!!

そこで初回放送から衝撃的な内容が描かれています。
主人公の沢村一樹演じる井沢範人が水野美紀さん演じる香坂朱里を拳銃で殺したようなシーンです。

今回のシーズンはその事件が起きる60日前から描かれており、話が進むにつれて内容が明かされていくようです。

そこで今回は水野美紀さんを殺したのは本当に沢村一樹さんなのか?
絶対零度のネタバレと最終回の結末を考察したいと思います!!

それではどうぞ~♪

絶対零度4のネタバレと最終回結末!

絶対零度4の初回放送から最終回の結末を匂わせる描写がされています。

最終回の結末の描写を順に追っていきネタバレしたいと思います!

第1話
東京サミットの日、機動隊とともに現場に向かう山内や小田切の姿があった。
銃声を聞き現場に到着した小田切の目に飛び込んできたものは血まみれの女性と拳銃を持って立っている井沢の姿だった。

その射殺されたかのような女性が法務省の官僚である香坂だった。
香坂はミハンの統括責任者でもあり、井沢に対する危険性を口にしていた。

なんといきなり主人公の沢村一樹さんが殺人を犯したような描写が!!

その64日前から物語が進みます。
つまりこの描写が絶対零度シーズン4の最終回の結末であると思われます。

第2話、第3話と話が進むにつれてそこの描写も少しずづ進んでいきます。

第2話
血まみれで横たわる香坂を前に拳銃を持って血まみれになって立つ井沢。
それを拳銃を持って囲む機動隊。
機動隊たちが井沢を捕まえようとするが機動隊全員をなぎ倒してしまう。

それを見ていた小田切は何もできず、井沢を行かせてしまう。
どこかに行こうとする井沢。

そんな井沢を止めるべく山内は彼を追った。
しかしそんな山内を殴り倒して、去ろうとする井沢。
すると山内は、井沢に向かって銃を向け・・・パン

かなり気になりますね!!
この描写を見る限り、井沢が犯人であると思わざるを得ませんね。。
ただ本当にそうなのか・・・
そして山内は井沢を撃ったのか・・・
大変気になります!!!

第3話
香坂が死んだ事実が描写されました
香坂が死んだのは自分のせいだと小田切は言う

そして警察官を辞めさせられる展開に・・・

香坂が射殺されたことと小田切がどういう関係があるのか
そして井沢が暴走してしまった理由は何なのか・・・

謎は深まるばかりですね

ただ今回の話は香坂の過去が関係している様子です!!
第4話では香坂の過去が一部明かされましたね!!

香坂さんの父は映画館で神経毒をまき散らし多くの犠牲者を出した殺人者だったのです。

そんな過去があり、ミハンで犯罪を未然に防ぎたいという想いがあったのです!!
なるほど納得です!!

第4話では最終回の描写はありませんでした。

沢村一樹は犯人ではない?

最終回の結末としては水野美紀(香坂)が沢村一樹(井沢)に殺されたこととされています。

しかし、本当に沢村一樹さんが犯人なのでしょうか?

個人的には沢村一樹さんが犯人ではないと思われます。

あえて沢村一樹さんが犯人のような描写をして沢村一樹さんが犯人であるかのように導いている気がします!
沢村一樹さんは犯人まで近づいていたけれど、その途中で水野美紀さんが殺害されてしまったのだと思います。

その場に居合わせた沢村一樹さんがまるで犯人のように描写されたのだと・・・

あくまで考察なのでまだわかりませんが。。
ただ描写通り沢村一樹さんが犯人である可能性も否めません。

今後の展開が気になりますね!!!

スポンサードサーチ

まとめ

「絶対零度4のネタバレと最終回結末!沢村一樹は犯人ではない?」と題して記事にしてきました。

今回は以上になります。
最後までご覧いただきありがとうございました!